スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原川支流、跡津川は残念。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
釣り過ぎたらダメだよと、おしかりを受けた
往復で6時間かけて走り雪の残る川を歩きまわり
やっと釣れる所を探し当てて前日からエサを獲って
仕掛けを沢山作って準備万端で挑んだ結果が三桁釣りだった。
私が原始人に近いのか、本能の向くまま釣った結果だった
良く釣りをしていて外道が釣れると岸に放り投げている釣り人が
居るが私はそんなことはしません。せっかく命をとったんだから
アマゴだったら骨まで食べます。海で釣った大きな魚だったら
骨はスープをとります。食べない魚はリリース。
食べてやれば供養、殺生にはならない。
沢山釣ったらおしかり、少なく釣ったらお褒めがくる
のかな、たぶん嘲笑っているだろうな。
毎日釣りに行って一日20匹を釣る人が居る、
10日で200匹になる。この釣り人はおしかり受けない
5年ぶりに往復6時間かけて走り、
一日で三桁釣った人はブーイング。
この魚は6匹は家族で食べたけど後は天然アマゴを
楽しみにしているみんなに分けてあげた。
山女、アマゴ、岩魚は小学生でも釣れると馬鹿にされた。
中日スポーツでも釣り雑誌、メーカーがどうしたら釣れると
書いている、そんなに簡単に釣れるなら特集は組む必要は
無いと思うし、道具も仕掛けもなんでも良くなる。
私はロマンを求めて行くぞ!
キャッチ&リリース、OK。
私はキャッチ&食う。

この日は家を夜9時に出発。
一緒に行く予定だった釣れは仕事で行けなくなったので
気楽な一人旅だが少し辛い道のりだ。
ホワイトハウスこちらに来た時に寄ってください。
私の住む美濃加茂から飛騨市神岡町まで3通りの行き方があるが
一人の時は41号を使って下道で行くことにした。
測ったことはないが距離的には一番短いと思う。
二人の時は行きは下道、帰りは高速。三人は往復高速。
ときめている。カラオケの私の持ち歌、青春時代を
口ずさみながら一路高山に向かった、
地元の桜は散り始めたが下呂付近は満開。
以前に門和佐川に釣りに行ったら妙に頭上が賑わしいと思ったら
苗代桜が満開だった。背が高くて中々立派な木だった。
後から雑誌で知ったが田んぼに写ったのを言うんだった。
俺にしたらそのまま見たらええと思うけどな。
渓流釣り師は一番長く桜を楽しむことが出来ることは確かだ。
宮峠を越して高速の出てきた所の信号で2時間半。
此処まで来て予定を変更、モンスター狙いで宮川三協に向かった。
残念ながら増水で断念。しかし宮下のホームページを見ると
ドキモを抜かれる。一番すごいのは一升瓶ニジマスだ。
一度は戦ってみたいものだ。
なんかしらんけど、金魚で釣れるらしい(ほんとかよ)
41号に出て跡津川向かった。
跡津川鉱山駐車場
鉱山を掘っている所で1時に睡眠。
朝、6時に起きて川を覗くと白波の増水。
以前なら手がつけれないとあきらめるが、かえってポイントが
絞れるし食いつきもいいから気にならない。
支流の打保谷川で釣ったことはあるがこの川は始めてだ
聞く所によるとかなり大物が出るらしい。
車を停めた所から開始、竿は7メートル
この竿は本流サツキマス用を1本抜いてはかまを付けた。
これがまた調子が良い、軟か過ぎず浮き上がりも早い
最近は水中糸0.5号を使っているからガンガン抜ける
以前はメーカーに踊らされて細糸、軟かい竿小さいハリ。
折れる、切れる、すっぽ抜けるの三拍子。
またやり取りの場荒れ。数を釣るなら太い糸で
一気に抜いたほうがよい。
この場所はたぶん現場の人達が昼休みにでも竿を出しているのか
全くアタリが無かった。
此処をあきらめ上流に移動したが
道が狭い、よそ見なんかもってのほか。
停めては確認。民家を過ぎるとあがる程川が遠くになる
帰りのことを考えるとごめんなさい。
下流に戻りゲートのある所に車を停めて川に降りた。
普通は上流に行くだろうと勝手に思って、下流に下がった
最初の落ち込みは両岸も同じように渦を巻いている。
頭上には木がかぶっている。立ちこめば7メートル竿が
届かないがそれでは手前の好ポイントがつぶれてしまう。
横合わせと決めてミミズを付けて流し込むとツーンとチビアタリ
悲しいかな条件反射で合わせて仕掛けを木に獲られた。
何回か流したがその都度アタリがあったがハリに乗らない??
やっと乗ってきたのは10センチに満たない山女たぶん自然繁殖物
こいつをリリースしてからコンスタントに釣れ出した。
山女空中
対岸も目いっぱい振り込んで3匹釣ったが20センチ以下ばかり。
結局このポイントで11匹キープ。
上流に上がっていくと監視員が鑑札の確認しに降りてきた
今年から始めた新人だった。
色々と聞いたがどうも答えがあやふやだったがこの川は連日
釣り人が来ていると教えてくれた。それを聞いて長居は無用と
車に戻った。上流に行けば大物は釣れるが川に
降りるのに30分、川からあがるのに1時間と教えてくれた。
失礼しますとこの川を後にした。本流で竿出したがまだ早くて
触りもしない。
神岡の町を通り過ぎて双六川行くか迷ったが気になった
川があったのでそちらに向かった。
その川は蔵柱川だ。解禁過ぎに来たが小ぶりだったが良く釣れた。
この川の特徴は里川で河川工事が完璧に済んでいて釣りやすい。
そのために連日の釣り人が入り直ぐに場荒れ傾向。ただかなりの
魚が放流してあるみたいだ。
もうひとつ特質なのは西風にめっぽう強い。
本流の風の強い日は一度覗くと良い。
本流から杉立が続き、終わった所から民家があり里川となる。
入口の所で若い旗振りの兄ちゃんに止められて古川に行くのは
12時まで通行止めと言われて考えた。昼からは1時から4時まで
通行止めと言われてまた考えた。時間は10時半、昼まで下でやって
釣れなかったら昼に通行止めの上に行くことに決めた。
車を走らせると近くにいた綺麗なお姉さんにっこり笑って
手を振ってくれた。何でかな?
しばらく走ると野生本能が目覚めて車を停めた。
どっちだ、後ろに下がれと呼びかける、そのままバックバック
ゆいつ車がやっと停めれるスペース。
飯にはちょっと早い、これが失敗だった。食べずに川に降りた。
瀬落ちの中だるみで絶好のポイント、ただ頭上の木が気になる。
このような所は釣れてから抜ける所に立つのが大事。
竿はマルチで5.3メートルがベスト。
水中糸は0.5号4メートルが扱いやすい、
このような所はがまかつの半スレヒネリ7号を愛用している。
川の開けたところはスレバリを使っている。
糸は細いのが流行っているみたいだが
(私も以前は0.15号使っていた)
メーカーに踊らされてはダメや、考えてみ、魚は一日中
食べることしか考えていないんや、糸が見えるとかハリが
見えるとか言うけど見えるわけないだろう馬鹿コケや。
ただ、言えるのは腹が膨れると食いが悪くなる。
だけど美味しいものが目の前に来ると咥えるけど
食べにくいと離してしまう。
一番大事なのはガン玉の使い方や、
流れの強い所、緩い所、浅い所、深い所
チャラ、ヘチ、時期によっておる場所が違う。
そこに食べやすい速度で流すことが大事や。
活性の高い時やったら飛びついて来るが無い時は
特にゆっくり流したい。
疑問、大きなガン玉と段シズのガン玉を使って居る人は
チャラやヘチはどうやって釣っているんやろ
たぶん雨後の釣れる時しか釣りに行かないだろうな
たぶん渇水の時は一ケタしか、よお釣らんやろな
小さなガン玉使うときは竿の方が先行、
大きなガン玉使うときはガン玉先行で流す。
私は釣り下がる時は大きめのガン玉、釣りあがる時は
小さめを使う(3~5号)
細い糸を使うなら本流で楽しんでください。
海まで下がるつもりで頑張ってください。
頭上の木を避け足場を固める。
それにしても、ええポイントや
此処で釣れなかったら車にもどろう。
瀬落ちの開き、入り組んで石が点在、左岸は砂利の水巻ヘチ。
流芯わき、石裏と流すがアタリ無し。サイドスローで左岸の
水巻ヘチを放り込む、ゆっくりと目印が流れて戻る。
目印が強烈に走る。チビかぁ?18センチが飛んできた。
ええ型や。エサを咥えて走ったと言うことは
同じ所にまだ居るはずだ。
やっぱりいた。サイズアップで3連発!
ここは手つかずかなぁ?
このサイズは引きも強い
下流に下がって探ると確実にアタリが出る。
下がれば釣れる。だけど道が遠くなる。
悲しいかな釣り人の性、それでも下がる腹は減る。
けじめを付けて切り上げないと、
蔵柱壊れた橋
橋は掛って無いけど明らかに橋、当然上に上がる道もあるはずと
ここでけじめをつけることにした。
橋の下は水深が有り、プンプンと匂う。
まず上から流し込みで5匹ゲット。
圧巻だったのは下に回りこみ、ふかせ釣りで16匹を
獲りこんだ。型もグット。
たぶん此処は放流場所で冬を越すポイント。
良い所を探したもんだ。
でも帰りは遠かった。
湧水でカップラーメンを作りおにぎりと一緒に放り込んで
胃袋を落ち着かせた。
時間は三時、通行出来るにはまだ早い。
民家のある開けた所を釣ったが草むらのキワでイワナが
一匹釣れたのみ。この地区は場荒れ状態だ。
4時で終了計48匹。

 クリックよろしく 


庄川の成魚放流はデカイ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
前日、釣り仲間が集まり成魚放流の話で盛り上がった。
放流魚も各河川でそれぞれで大きさも魚種も違う。
高山市荘川町、荘川(荘川漁業協同組合)は
毎年大型の魚を放流する。
今年もかなりの大きい物を放流したみたいだ。
28日に放流したからまだ釣り残っているはずと31日に
朝4時半に釣友と出かけた。
牧戸の信号を高山方面に曲がり放流場所に魚が居るか
確認しながら上流に向かった。
体育館前のフチ
魚影を確認出来たのは黒谷の体育館前。
「デカイ」と思わず声が出た。
体育館の駐車場で着替えを済ませて左岸に渡った。
確認した所は釣友に譲り、私は下流のフチに立った。
竿、本流硬調7メートル。水中糸、0.5号7メートル
ゴム張りガン玉3号~3B、ハリ、がまかつ半スレヒネリ8号
エサ、赤のイクラ、黒のクロカワムシ、白のバイオ
金シマのキンパク、赤シマのミミズ、
何色に反応するかな、
まずは金シマ付けて振り込もうとしたら頭上の木に絡み仕掛けを
取られた。使い古しの仕掛けをセットしたら合わせ切れ。
舐めてかかったのが大間違い。
このポイントは生半可では釣れそうに無い。
頭上に木があり合わせれない。水の流れは渦を巻いて逆流。
流芯は流れがきつく食わせの速度が作れない。
もっと性質が悪いのは渦の真ん中に居る魚。
砂地で魚が丸見えで振り回された。
この魚は休みに来ていてエサに反応しなかった。
思い切って大石に乗り釣ることにした。
足もとにエサを投入して竿を下流に倒して送り込む。
いっぱいに竿を倒した所で目印が横に走った。
「グデン、グデン」と体を捻りながらあがってきた。
重たい、一気に飛ばして水面ギリギリでタモで受ける。
デカイ山女
27センチの幅広山女。40分かけてやっと一匹釣った。
いつのまにか釣友が後ろに立っていた。
釣れたかと聞くと8匹釣ったらビクが八分目になったと笑顔。
エサは何?、白の天然ブドウ虫。
釣友は流されそうになりながらも対岸に渡った。
(帰りに足をすくわれてこけて濡れた)
私も白のエサに変えて流すと反応良し、直ぐにアタリがあった。
やっとパターンが出てきた。連発で釣れて来る、
釣友も連発だが取り込むのに苦労している。
たく2
たく4
やっと取り込んだ
上流まで泳がせてきてタモですくい取るの繰り返し。
二人で楽しくやり取りして一時間。
しかし釣れなくなると我慢と忍耐力の勝負になって来る。
エサを変えて流すコースを変えてガン玉を重くして引きずったり
色々試した。ここで山女10匹をキープした。
このあと上流の瀬を丹念に探ったが一度もアタリが無かった。
昼食後は組合事務所に行って何処に一番多く放流したか
聞きに行くと今年は生けすをカラにしたから全体にばら撒いたと
返事が返ってきた。
釣友は組合前から釣り下がって私は「おはようさん」の
谷に入ったがまだ早くて18センチの黒いイワナが二匹。
釣友もダメとあがってきた。
時間は2時まだ終わるのは早いと大野郡白川村平瀬に移動。
平瀬名前の通り広々している
平瀬で釣れた山女
雪混じりの雨の中を5時まで竿を振って4匹追加して納竿。
成魚を釣らせたら倶楽部仲間で1,2を争う釣友は
23~28センチ25匹をゲット。私との違いは集中力の継続。  
 クリックよろしく 

ランキングに参加しています

50センチオーバーの岩魚姿見せず

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
冬に逆戻りした10日、釣友と家を6時に出た。
高鷲まで来ると道路には雪が積もっていた。
こんな日は水温が下がり期待できないとぼやきが出る。
それでも尺イワナが頭にこびりついて中村川に向かった。
30センチの条規を軽く越しているB
2月の終わりに34センチのイワナをこの川で釣ったが
それより二まわり大きいのを確認してきた。
水が濁れば絶対に釣れると走ってきたが残忍ながら
尺イワナは姿は見せなかった。
中村川B
それでも1時間で18~23センチのイワナを3匹
アマゴ17~20センチ5匹をキープした。
10時に此処を後にして切立川に向かった。
前回は時期が早すぎたのか町の下流区域は全くダメだった。
今日は雪が降っていたが20センチ高のササ濁り、条件は
最高、後は水温だけだ。切立浄化センターの上流のフチから
開始1.5メートル程あった雪は溶けて30cmほどになり
難無く川に降りれた。竿5,3メートル、
天上糸0.6号2.2メートル
水中糸0.5号、ハリ7号、ゴム張りガン玉1号~3号。
エサのミミズをチョン掛けで落ち込みのヨレを流したが反応無し
少しずつ下がり開きまで来たときに綺麗に目印二つが消しこんだ
前回はこのフチではアタリが無かったのに
23センチの幅広アマゴがタモに飛び込んだ。
しばらく見とれてしまった。
この日の大物アマゴ23.5センチB
此処で二匹追加して上の瀬に移動した。
瀬の中でも18センチクラスがポツリポツリと釣れたが、
全然アタリの無い区間もあった。
本誌に3Bガン玉を使用の記事が載っていたが
今考えると釣れなかった区間は流れも速くガン玉が小さかったかも。
次回の次釣が楽しみになってきた。
プール近くの出会いまで釣りあがり10匹をゲットして1時に昼食。
午後からは高速道路下に入り、見えるアマゴと戦った。
最初はミミズで釣り落として次はイクラでバラシて最後はバイオで逃げられた。
川虫なら釣れたかも。
切立高速下のフチ5連発B
自然の岩盤エンテイの落ち込みで塩焼きサイズを5連発して4時に終了。
イワナ17~23センチ4匹、アマゴ17~23.5センチ18匹
谷に入った釣友は小型ながらイクラのエサで15~20センチを21匹をキープしてきた。

釣れた、釣れた、太い糸で釣れた

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
降り続いた雨も上がり、3月1日の解禁から手つかずのところが
沢山残っているはずだけに何処の川に行くか迷ってしまう。
3日の朝、高山市上宝町に流れる蔵柱川(高原川漁協)
に向かった美濃加茂を倶楽部仲間の二人と4時半に出発、
飛騨国府の広瀬の信号を右に折れて大坂峠を越して
川に7時着いた。
既に先客がおり、釣れますかと聞くと水量が多くてポイントが
無いからダメの返事。初めて来た所だけに勝手が解らずに
戸惑ったが両サイドが護岸工事で石垣になっている。
渇水なら降りるが増水していたので上から釣ることにした。少し大きい文字
竿8メートル、天上糸移動式、0.6号6メートル、
水中糸0.2号3メートル、ハリ4~7号、
ゴム張りガン玉1~4号、エサは川虫、ミミズ、イクラ、
予備にバイオ。
昨年までは殆ど川虫を使っていたが今シーズンから
イクラに興味を持ち、色々と試している。
今回持ってきたのは三時間干したのと
熟成イクラ(中身がとろみがある)のバッター粉を絡めた二種類。
里山風景が残っていた
石浦地区から開始、水量はササ濁りで30センチは高い、
確かに実際に釣ろうとすると殆ど
ポイントが無い。ササ濁りの定番のミミズをチョン掛けで
大きな石裏を目がけて振り込むとエサが吹きあがって馴染まない。
2号まで重くしてやっと馴染んだ。
吸い込まれるようにスーと目印が走った。
年を越してヒレの綺麗なニジマス。
まっ、いいか。何処で釣れるかわからずに丁寧に
探って釣り下がった。
食べごろの綺麗な山女
山女が最初に釣れたのは石で出来たエンテイの弛み。
このポイントは流れが二つに分かれており、
真ん中に葦が沈んでいた。
最初はこれに絡まないように流していたが、
目印がパタリと倒れた。
しまったと思い竿を立てるとグッグッと引いた。
釣ったと言うより釣れてきた
サイズは18センチ、エサをタップリ食べて腹だけ出ていた。
今度は葦ギリギリの所を流すとフッと目印が止まった。
すかさず合わせると重い引き、無理は出来ないと慎重に
やり取りして抜きあげると23センチのイワナだった。
最初に釣れたイワナ
イクラのエサに変えて流すと川虫ははっきり出るのに
アタリがその都度違うので合わせ辛い。
それでもミミズと交互に使うと良い結果が出た。
この日はキンパクのエサに全く反応しなかった。
こんなことも珍しいので家に帰ってから
腹を裂いたら黒い虫ばかりだった。
今日のポイントは葦のきわ、それと一本瀬の
両サイドと終わりの開き付近。
ただ仕掛けが何本あっても足らない、
外しに行けないし、引っ張れば切れる。
と、言っても葦のきわを流さないと釣れない。
最後は天上糸をバラして0.6号で釣った。
赤み帯びた山女ミミズに飛びついた
これが正解で引っ張ると葦がちぎれてきた。
ガン玉も1号に変えて
ピンポイントに入れることが出来た。
エサはミミズが一番はっきりとアタリが出た。
一匹チョン掛けで流しエサを食いちぎられたら
半分にして流すとハリに乗ってきた。
このようなポイントで釣れた
釣り人も多くて入るのに苦労したが要領が解ったので
昼からは田谷地区に入り
コンスタントに釣ることが出来た。
山女、16センチから23センチ25匹、
イワナ21センチ、23センチ、各1匹、
アマゴ16センチ~23センチ3匹
大満足の釣果
バイオで釣ったメンバーは18匹、
イクラで釣ったメンバーは22匹だった。
15センチ以下も多数釣れたが暖かくなれば
直ぐに成長すると思う。
 クリックよろしく 

ランキングに参加しています

とったぞ~尺イワナ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
2週続きで郡上市高鷲に向かった。
当日待ち合わせの時間に遅れた市原君は後から来るようにと
美濃加茂を5時半に出発した。
郡上を過ぎた所で電話が鳴ったが無視して出なかった。
仲間の電話が順番に鳴った。何回廻そうかと大笑い。
白鳥の道の駅で待っていると連絡したが仲間が今通り過ぎたと
電話をかけて呼び戻してやっと合流。
先週も帰りに大和のインターから乗ったが入り口付近で高山の
話をしたら高山方面に向かった。全く廻りがみえないやっちゃ。
白鳥道の駅ここで着替えた
ここで着替えを済ませて切立川に向かった。
雪の多さは半端じゃない、入り口の別荘は
まるでマツタケハウス、写真を撮ったらよかったが電池切れ。
両サイドが護岸工事がしてあるので一度降りると
上に上がるところを探すのに一苦労。
白黒の世界
前日から降った雨で条件は良いはずだが町裏はまるで
ダメだったがプール付近に来てやっと釣れ出した。
黒いゴミが大量に流れてきたのに川虫でやったのが
ダメだったみたいだ。みんなはイクラで結構釣ってきた。
とっつあんが一番デカイアマゴ釣った
エサを決めつけて釣るよりやっぱり条件次第でエサを変えた方が
良いと私は思う。その方が釣った気分が倍増する。
切立川は7匹で終了、とっつあんが大物を釣り上げたが痩せていた
こんなの良く持ってきたなと一言、焼いてもパサパサで美味しくない。
この時期美味しいのは昨年放流した15センチから18センチ。
帰りに大間見川に寄り何とか二桁に乗せた。
一週間後に家を目の覚めた都合で4時に家を出た。
切立川の入口に着いた時はまだ暗かったので
もう少し足を伸ばして中村川に行った。
ひと眠りした後に準備開始。
此処は道の上から釣るので8メートルをセット
こんな所で釣るのかと言うぐらい民家の近くだ。
ところがこれがまた良く釣れるで面白い。
釣友が教えてくれたが釣れた記事を中日スポーツに
投稿したらいつ来ても釣り人が竿を出すようになった。
連れには怒られるし、自分も首を絞めてしまった。
この日も一台下流に走って行った。
水量は多少多いが透明感はある。
キンパクのエサを付けて泡立ちを順番につぶしていったが
反応無しで一つ目のエンテイをクリア。
二つ目のエンテイに向かって覗きこむとユラリと大岩魚。
尺は楽にある。うちのメンバーが何度も釣り落とした
やつだ。一歩下がって口元に送り込むと直ぐに寄ってきた。
キンパクが消えて頭を振っている。ヤリー!
と言っても0.2号抜けるか微妙な所だ。
走る走る。やばいテトラに潜り込もうとしている。
向きを変えて下流に引きずってきた。
運よく雪を流す所であったので滑り降りてすくい獲った
顔を上げないと思ったら腹掛りだった。
運が良かった。ラッキーだった。
さすがこのイワナ咥えたが直ぐにおかしいと思って
吐き出したみたいだ。
それでも一応合わせたから良しとするか。
次のエンテイでもっと興奮した。
50センチはあるイワナが猫柳の下から出てきた。
こいつは何のエサを流しても反応が無かった。
こいつを釣るチャンスは増水で濁った時しかない。
それか生き餌の小魚。たぶん僕が釣るでしょう。
また報告しますわ。
30センチの条規を軽く越している
 クリックよろしく 

ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。