スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨シーズンを思う

釣友が宮川が面白いから行って来たらと勧めてくれた。
半信半疑で3人で出かけた。
この河川は神通川、高原川に行くときに
横目で見て行くだけで釣りをやる河川に入ってない。
以前に時間の関係で古川地区で釣ったことがあるが
型は良かったが数は釣れなかった覚えがある。
美濃加茂から2時間半で行ける。
8時に着くと何処でも好きな所に入れる。
地元の人は食べるだけ釣れればいい。
県外から泊まり込みで来ている人達は
旅館で朝食を取ると早くて8時半
10時になると一通り釣り人で埋まるが
動けないことはない
入った所は国分の金桶橋下流、アピタ前
左岸に公園がありトイレも完備、河に降りるにも
階段があり言うことなし、上流に行くには
用水に沿って歩いて行けばけつまずくことも
無く橋まであがれる。
やなぎした
自分の釣りは足で稼ぐ釣りだからありがたい。
去年頃から腰が痛くて河原を歩くのが辛くなった
そろそろ釣りスタイルを変えなアカンころかな。
うちのメンバーにも何人か居るけど河に降りると
釣れる場所を探す前に座る石を探している
それでも釣果はそれほど変わらないから面白い。
八時に準備完了、釣り人は一人も居ない
逆に何処に入るか迷ってしまう。
右岸の用水を歩いて上流のエンテイに向かった
途中大きな石が川の真ん中に横たわっている
見た目ではこの廻りが最高のポイントになる。
石のぶつかりは釣り返しがききそだ
ここかなぁ、後廻しや、
流れの一番きつい、エンテイ下から釣り初めて
此処まで下がることにした。
普段この川がどの程度の水量があるのか
さっぱりわからない。
対岸に渡れないから多いことはたしかだ。
流芯はコケも飛んでいるみたいだし
一度も釣った実績もない。
ただ、鮎のサイズは聞いてある
20センチオーバーは居ないときいた。
竿はリミプロ2.5水中糸は0.07号
私にとっては一番細い、ハリはレインボー6.25号
この仕掛けでスタートした。
まずは天然鮎に交換することから始まる。
養オトリを石裏に送り込み押さえつけて
落ち着いたら、おばせを利かして泳がせる
5,6分待てば、たいがい掛る。
もし掛らなかったら次のポイントに
送り込むがこの時が非常に大事だ。
必ず下流に移動させる、それもオトリを
浮かさないように送り込む。
運が良ければ追いの良いのが水通しの
良い所で飛びついてくる。
三か所ぐらい送り込めば、たいがい獲れる
下流に送ればオトリは弱らない、これがミソだ。
ついでに能書きたれると元気な天然オトリに
変わったらガン玉付けて上流に引きずれ
ガッツンーの連発や、
引く速度はトロの泳ぐスピードと同じくらい。
オトリが止まることはない。
これが出来るとトロ場の釣りがまどろこしくて
やっていられなくなる。
扇場に引くか、線で引くかはその時の川の状況で
判断する。川一面が新川の時は扇が有利だ。
この日がまさにそのとおりで何処に入れても反応が
あった。終わってみれば77匹、釣友は二人合わせて
56匹、この後三回行ったが8月に入るとガタッと
釣果が落ちた。おそらく釣り切られたと思う。
益田川上流、宮川上流、宮川下流、知っている限りでは
この河川に放流してある稚魚は同じものだと思う。
飛びつきの良さでは最高だ。
前島
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。