スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄川の成魚放流はデカイ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
前日、釣り仲間が集まり成魚放流の話で盛り上がった。
放流魚も各河川でそれぞれで大きさも魚種も違う。
高山市荘川町、荘川(荘川漁業協同組合)は
毎年大型の魚を放流する。
今年もかなりの大きい物を放流したみたいだ。
28日に放流したからまだ釣り残っているはずと31日に
朝4時半に釣友と出かけた。
牧戸の信号を高山方面に曲がり放流場所に魚が居るか
確認しながら上流に向かった。
体育館前のフチ
魚影を確認出来たのは黒谷の体育館前。
「デカイ」と思わず声が出た。
体育館の駐車場で着替えを済ませて左岸に渡った。
確認した所は釣友に譲り、私は下流のフチに立った。
竿、本流硬調7メートル。水中糸、0.5号7メートル
ゴム張りガン玉3号~3B、ハリ、がまかつ半スレヒネリ8号
エサ、赤のイクラ、黒のクロカワムシ、白のバイオ
金シマのキンパク、赤シマのミミズ、
何色に反応するかな、
まずは金シマ付けて振り込もうとしたら頭上の木に絡み仕掛けを
取られた。使い古しの仕掛けをセットしたら合わせ切れ。
舐めてかかったのが大間違い。
このポイントは生半可では釣れそうに無い。
頭上に木があり合わせれない。水の流れは渦を巻いて逆流。
流芯は流れがきつく食わせの速度が作れない。
もっと性質が悪いのは渦の真ん中に居る魚。
砂地で魚が丸見えで振り回された。
この魚は休みに来ていてエサに反応しなかった。
思い切って大石に乗り釣ることにした。
足もとにエサを投入して竿を下流に倒して送り込む。
いっぱいに竿を倒した所で目印が横に走った。
「グデン、グデン」と体を捻りながらあがってきた。
重たい、一気に飛ばして水面ギリギリでタモで受ける。
デカイ山女
27センチの幅広山女。40分かけてやっと一匹釣った。
いつのまにか釣友が後ろに立っていた。
釣れたかと聞くと8匹釣ったらビクが八分目になったと笑顔。
エサは何?、白の天然ブドウ虫。
釣友は流されそうになりながらも対岸に渡った。
(帰りに足をすくわれてこけて濡れた)
私も白のエサに変えて流すと反応良し、直ぐにアタリがあった。
やっとパターンが出てきた。連発で釣れて来る、
釣友も連発だが取り込むのに苦労している。
たく2
たく4
やっと取り込んだ
上流まで泳がせてきてタモですくい取るの繰り返し。
二人で楽しくやり取りして一時間。
しかし釣れなくなると我慢と忍耐力の勝負になって来る。
エサを変えて流すコースを変えてガン玉を重くして引きずったり
色々試した。ここで山女10匹をキープした。
このあと上流の瀬を丹念に探ったが一度もアタリが無かった。
昼食後は組合事務所に行って何処に一番多く放流したか
聞きに行くと今年は生けすをカラにしたから全体にばら撒いたと
返事が返ってきた。
釣友は組合前から釣り下がって私は「おはようさん」の
谷に入ったがまだ早くて18センチの黒いイワナが二匹。
釣友もダメとあがってきた。
時間は2時まだ終わるのは早いと大野郡白川村平瀬に移動。
平瀬名前の通り広々している
平瀬で釣れた山女
雪混じりの雨の中を5時まで竿を振って4匹追加して納竿。
成魚を釣らせたら倶楽部仲間で1,2を争う釣友は
23~28センチ25匹をゲット。私との違いは集中力の継続。  
 クリックよろしく 

ランキングに参加しています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。