スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50センチオーバーの岩魚姿見せず

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
冬に逆戻りした10日、釣友と家を6時に出た。
高鷲まで来ると道路には雪が積もっていた。
こんな日は水温が下がり期待できないとぼやきが出る。
それでも尺イワナが頭にこびりついて中村川に向かった。
30センチの条規を軽く越しているB
2月の終わりに34センチのイワナをこの川で釣ったが
それより二まわり大きいのを確認してきた。
水が濁れば絶対に釣れると走ってきたが残忍ながら
尺イワナは姿は見せなかった。
中村川B
それでも1時間で18~23センチのイワナを3匹
アマゴ17~20センチ5匹をキープした。
10時に此処を後にして切立川に向かった。
前回は時期が早すぎたのか町の下流区域は全くダメだった。
今日は雪が降っていたが20センチ高のササ濁り、条件は
最高、後は水温だけだ。切立浄化センターの上流のフチから
開始1.5メートル程あった雪は溶けて30cmほどになり
難無く川に降りれた。竿5,3メートル、
天上糸0.6号2.2メートル
水中糸0.5号、ハリ7号、ゴム張りガン玉1号~3号。
エサのミミズをチョン掛けで落ち込みのヨレを流したが反応無し
少しずつ下がり開きまで来たときに綺麗に目印二つが消しこんだ
前回はこのフチではアタリが無かったのに
23センチの幅広アマゴがタモに飛び込んだ。
しばらく見とれてしまった。
この日の大物アマゴ23.5センチB
此処で二匹追加して上の瀬に移動した。
瀬の中でも18センチクラスがポツリポツリと釣れたが、
全然アタリの無い区間もあった。
本誌に3Bガン玉を使用の記事が載っていたが
今考えると釣れなかった区間は流れも速くガン玉が小さかったかも。
次回の次釣が楽しみになってきた。
プール近くの出会いまで釣りあがり10匹をゲットして1時に昼食。
午後からは高速道路下に入り、見えるアマゴと戦った。
最初はミミズで釣り落として次はイクラでバラシて最後はバイオで逃げられた。
川虫なら釣れたかも。
切立高速下のフチ5連発B
自然の岩盤エンテイの落ち込みで塩焼きサイズを5連発して4時に終了。
イワナ17~23センチ4匹、アマゴ17~23.5センチ18匹
谷に入った釣友は小型ながらイクラのエサで15~20センチを21匹をキープしてきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。