スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、岐阜県で一番大きな鮎が釣れている白川に行った。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
長女は千葉県の松戸に住んでいる。
子供は娘が4人。孫は全部男の子。
チャカチャカ次女から電話があり
白川のクオーレのコテージを
予約したから鮎雑炊を食べさせてと
催促。塩焼きも食べさせてやるがな。
萩原の鮎を全部冷凍。優しい会友の
市原君が雑炊用にと小ぶりなブランド
鮎を持ってきてくれた。感謝感謝。
いつもなら皆が起こしてくれるから
朝のんびりだがこの日は寝すぎて
7時過ぎに家を出発。
美濃路でオトリを購入。
白川に着くとトンネルの入り口に
青い服を着たおっちゃん4人頭を下げて
くれた。トンネルを抜けると綺麗な女性が
にっこり笑って頭を下げてくれた。
選挙かぁ。頑張ってください。
中濃地区はいつになったら統合するかな
飛騨川漁協も営業が大変厳しいと言って
いるけど組合も統合したらええのに、
飛騨川水系だけでも6個の漁協がある
一つになったら鑑札も一つや、ええぞ
オートキャンプ場
大正河原クオーレの橋を渡りキャンプ場の
上に車を停めて着替え開始。
今シーズン初めてのタイツ。
キャンプしている横を通り挨拶して川に
降りた。先客がいたので対岸に渡り
中州を歩き右岸の分流を見ながら
下流に移動、分流が交わっている所から
左岸に、ゆっくりと慎重に歩き川読み。
一面にコケが張り、腐されぎみ。所々に
ハミ跡はある。前情報では魚が薄い。
川底が白っぽい所から魚影が走った。
まず別荘を作ってこの人達は竿を出すまでに一時間かかった
決まりスタートは白からや。
仕掛けは水深も無いし、太糸でも問題なし
先週と同じ糸、力糸が0.6号やハリも
レインボー7,75号、テスターだから
褒めるわけでもないが久しぶりに
いいハリに出会った。かかったらはずれない
欠点はハリ先が長いので心臓廻りだと
致命傷になる。死んで釣れても一匹に
変わりないから気にすること無い。
オトリを送り込むと目印が忙しく動く
掛る!コーンと手ごたえで目印が走ったが
後が無い。たぶんヒレ掛カリ。
消費税の先払いかよ。
逆バリを打ち直して同じ所に送り込んだが
おとなしの構えで反応なし。どっか逃げた。
ゆっくり引き上げて次の白、反応有り。
それきた!引き抜いたがすんなりあがってきた
オトリと同じサイズ、小さい、まっ、ええか。
うわぁ、なんだこれ、冷水病でヒレがボロボロ
我慢して釣ったが流されて話にならん。
こんなんでも追うから不思議やな。
また養太の出番、クイクイと瀬を登り
コーンと目印が飛んだ。また軽い、
上流向いたまま引き抜くとオトリと同じサイズ
前日釣ったカスかぁ、
この天然オトリで釣れなかったら場所
変わりやな、うん???鼻は何処に
あるんや、目から直角で上唇がないやないか
背中に鼻カンを通して送り出したがイマイチ
泳ぎが不自然。またまた養太の出番。
この養太元気や、24センチを連れてきた。
こいつをオトリにして25センチゲット、
7匹はこのサイズだった
迷わずオトリにしてこの日最長の26,5センチ
こいつも球磨川をイメージして鼻カンを通した
同じサイズが掛り、引き抜いたが途中で
二度引きしてやっと手元に飛んできた。
疲れるわぁ。分流の瀬ガタまで来て
プチ入れ掛りで計10匹で、ツ、抜けして
此処を後にして上の橋まで移動した。
この瀬で釣れた、
30分もしたら橋の上から聞き覚えのある
姪の声がした。続いて子供の声。
夕方まで釣るつもりだったがもう止め。
コテージに戻り、バーベキュー開始。
炭も売っているし、コンロも付いている。
こりゃ世話ないわ。最初に鮎の塩焼き。
続いて飛騨牛のホルモン、オージー松阪牛?
ホルモンは絶品だった。
孫たちも鮎を食べながら「おいしいですね」
間違っても「うまあな」なんて言わなんだ。
2歳の子まで標準語だった。
姉さんに電話を入れて子供が出ると「オジサン
何しゃべっているか解らないからお母さん
変わって」よお、いわれたわ。大きくなったら
一人ぐらい鮎釣りをやる子がいるかな。
 クリックよろしく 
ランキングに参加しています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。