スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮎のぼり、なにこれ、珍百景登録

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
6月17日の前日、高山線が停まる程
局地的に降った雨を気にしながら
5時半に会友二人と出発。美濃市でオトリを購入
して東海北陸自動車道で郡上方面に向かう。
所々で見える川を覗くと濁りと増水。
大和インターで降りて農道を走り大和町を過ぎると
濁り無しの渇水であっけにとれれた。
北濃まで上がり橋の上から覗き込んで状況を確認。
何か所か見たが最終的に白鳥の町裏で釣ることになった。
遅れて来ると言っていた市原高志君(37)も合流して
7時半に川に降りた。
先客の釣り人は一人、好きなポイントに入れる。
私は上のザラ瀬に移動、ハミ跡は確認出来ないが
川の中を歩くと石裏のヨレから黒い魚影飛び出していく。
これで一安心、瀬の中ほどまで上がり一つ一つ石裏を
釣り下がることにした。
水中糸0.05号、ハリ、レインボー6,75号をセット。
水通しの良い石裏に送り込み、アタリを待ったが反応が無い。
絶対に居ると信じて耐える。しばらくすると目印が不規則に
揺れだした。来るぞ、短くセットされた目印4個が消しこんだ。
走り回ってやっとタモに納まった。
同じところに送り込んだがたぶん掛り鮎を走り回らせたので
散ってしまったみたいだ。この後釣り下がったが一つの
ポイントで1匹。この瀬は2時間かからずに釣り終わった。
瀬落ちまで来て先客に了承えて泡立ちの吹き出しに
オトリを滑り込ませると一発で下流に走った。
ゆとりでサオ立てて送り込み抜こうとしたら抜けない。
何だ、でかいぞ、ウグイか、強引に抜くと口掛りで飛んできた。
泡立ちの落ち込みで釣れた22センチ
こんなデカイのが居るのか、22センチあった。よく切れずに
上がってきたな。ラッキー以外何でもない。ここで頑張ったが
次は来なかった。地元のおじさんが見に来た
先客はテトラポットの廻りで入れ掛りしてた。
いつの間にか釣り人も増えて入る場所が無くなってきたが
地元の方だろうかお金にならんと、引き上げたのでそこに
入った。その下では市原君が竿を絞っていた。
私に気が付き寄ってきて「今日は勝負ですよ」なんだこいつ
よっぽど釣れているんだな。帰り際に「ここ釣れていたけど
小さかったよ」。ハイハイ、いらんこっちゃ。
元気なオトリを出して送り込むと根掛り、取りに入ると思ったより
深くて押しも強い、それと大きな石も入っていた。
マルチセバリの指点を深くセットして送り出す。今日一番の
綺麗なアタリで獲りこむ。30分で塩焼きサイズを5匹入れ掛り。
これで午前の部16匹で終了。昼食しながら鼻息が荒いのは
市原君、オトリ居ますから使ってください。鮎いっぱいいますよ。
みんなあきれ顔。(ここだけの話、市原君大和インターで降りなさいと
言ったのにひるがのインターまで走って戻ってきた)
市原君が入れ掛り下流にぶら下がっているのが鮎のぼり
2時から同じ所からスタート。パターンは解っているから焦ること無い。
水中糸をチェックするとササ繰れていた。危なかったと張り替える。
ポンポンと三匹ゲット。4匹目が20センチオーバー、このオトリで
同じサイズが掛るとやばいかなと思ったが張り替えたから大丈夫
と送り出すと待ったなしで掛ったが強風にあおられて空中分解。
こんなことってあるのか連続3回分解、受けぞこ無い。締めくくりは
友切れ。釣友は大笑い。ヤットれんと朝釣った上流の瀬に移動。
粘って7匹追加してから5時に戻ると皆は竿をたたんでいた。
最後のもがきと友切れした所に入れるとガッツンと掛ってニンマリしたら
プツッ。また笑われてしまった。14センチから22センチ25匹
合計14センチから22センチ25匹。
市原君はご立派の31匹だった。
冷水病は殆ど確認出来なかったがちょっと気になることがあった。
釣れる鮎が終盤の鮎に似ているので成長するか心配だ。
 クリックよろしく 

ランキングに参加しています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。