スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週も矢作のチビ鮎狙い

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
前日の夜、突然吐き気を覚えて目が覚めた。
トイレに駆け込み何とかベットに戻ったが
しばらくすると強烈な便意がもよおしてきた。
何か当たったかと考えたが家内は何ともなかった。
朝5時半に遅れることなく4人が集まってきた。
力無く立ち上がり乗り合いバスの助士席に座った。
東海自動車道に乗ったはいいがトイレが気になる
途中でサービスエリアに寄りまずスッキリ。
このエリアでランプを点けたまま寝ている
車を発見して,たたき起して救助。
何かいいことでお返しが来るかな。
行く車中はいつもテンション高いが
浅野のとっつあんも家庭サービスで
北海道に行って旅の疲れが出たのか
奥さまに疲れが出たか解らんけど
38度の熱があるとゴッホゴッオと咳をしていた。
来なけりゃいいのにと言われていたけど
今年初めての鮎釣り、我慢できなかったわな。
キャラメル
お土産に苦労して買った生キャラメルを
いただいて一粒食べたけど確かにおいしかった。
残りのキャラメルはしらぬまに消えた。
  「呼ぶより謗れ」
枝下インター降りて矢作川そって走る。
この河川にはプロトーナメントの
ジャパンオープンで優勝した山郷プロが
居ると話しながら上流に向かった.
安藤自動車に付くと足の短いワンちゃんが
やかましく迎えてくれた。
今日は厳しくなるだろうとオトリは二匹ずつ
川に降りると渇水ぎみでアカぐされ、
一匹のオトリを持ってどこから始めるか慎重に
探す。ハミ跡は川一面にある。
一週間前に使ったオトリで逆バリが打つところが
無いぐらいだ。こいつは無理できないなと
段々瀬の舞い舞いに放り込んでひたすら我慢。
7~8分してやっと反応が出た。たいがい次は
直ぐにかかるものだ。案の定小さいが直ぐに掛った
これで一般の釣り人は大きな勘違いをする。
良し行けると思うと掛らない、
あれ?、ここか、あそこか我慢がきかずに、
引きずりまわして後が続かない
動き回る市原君
これは精神的なものだから鍛えれば
良い結果が出てくるから頑張って。
この日は直ぐに飛びついてくる野鮎は
皆無、たぶんオトリを送り込むと一旦
野鮎が散ってしばらくすると戻り同調して
泳がせていると掛る。そんな感じだった。
二回ほどキジ撃ちをしたがなんとか
午前中を釣り切った。14匹ゲット。
他のメンバーは全員がツの世界だった。
場所を変わると車に乗り込んで
小度体育館上流
小度体育館上流に移動した。
もちろんはじめてくる場所。
釣り人も居ないし最高のロケーション
右岸から見た限り入れ掛り間違いなし。
朝から何にも食べていないのに腹が
減らない。パン一かけとトマトジュース、二口
を口にして川に降りた。
三段階に落ち込んでいる。
一番最初が一番綺麗にしてたが
此処は通り過ぎて最後のザラ瀬を釣ることにした
005に食いついたら放さないレインボー5.75号
マルチ背バリ、おかしいな何にも反応が無い。
下流にいた3人が竿をたたんでいる。
食事しながら見ていたけどどう見ても川番。
後に入ろう移動開始。
えっ何これ?引き舟が三艘浮かんでいる。
それもタックルインジャパンとAMAWA
ステッカーが貼ってある。誰やろもう一つには
チームYAMAZATOのステッカー。
本人が来ているのかな
しばらくすると、相変わらずの伊達男が降りてきた。
赤が良く似合う山郷プロ
久しぶりの再会で話がはずんだ
上は釣れなかったはずだ。
午前中に綺麗にさらわれた後だった。
この河川の鮎の癖を聞いて釣り開始。
思うところで目印が走る、集中力が高まり
コンスタントに掛ったが体力が続かない。
キジ撃ち、おう吐、もう駄目や、河原で
ゴロリ。どのぐらい寝たやろか雷の音で
目が覚めた。普通はここで止めるところだが
アホやな、また竿を出して釣り開始。
夕バミに出たのをポンポン掛けて終了。
帰る時に山郷プロが若いトーナメンターに
空き缶拾いをさせていたのが印象的だった。
  河原のゴミ、
家庭ごみは別にして、空き缶ペットボトル、
弁当の空き箱、これは釣り人が川に持ち込むのが
殆どだが放置して帰るのは
ほんの一部の鮎釣りの下手な人間(動物)が
放置していく。こういう人たちに限って自宅前に
タバコの吸い殻一つで目を剥いて怒る人達だ。
釣りフィールドが自分の庭と思ったら出来ないと
思うけどな。もう一言、これは言いにくいが
監視員の方たち、鑑札を確認しに来るが
指導と自ら腰に籠を下げてゴミの回収をしたら
アピール度が高いと思うが未だ見たこと無い。
これは各漁協がしっかりした方針を
持ってやるべきではないだろうか。
この日の釣果
今日の釣果は28匹、他のメンバーはツを
こすのがやっとだった。
帰りはダウン、何も食べずに爆睡、次の日に
医者に駆け込んだ。
 クリックよろしく 

ランキングに参加しています


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。