スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨酒 イワナを調達

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ紫四色ビオラ
天然のアジとワラサの刺身が届いた。チョー美味かったなぁ。
刺身はやっぱり天然物に限るわ。
持参人が「釣りに行く」と言われて「行きます」
ルアー竿を出して糸を巻き替えて準備OK。
食べたいで釣りに行くわけだが残念ながら、
日本海は風と高波のために中止になった。
22日はの前日、一度仕舞った渓流サオを引っ張り出して
今年はもう無理と断っていた骨酒用のイワナを釣りに
浅野芳昭さん(60)と3時半に自宅を出た。
飲めない俺がなんで骨イワナを釣りにいかなあかんのや
それでもイワナなら荘川がええと、ひるがの峠を越した。
御手洗川の支流、野ノ俣川に着いて6時に釣り開始。
浅野さんは爆弾落とすためにテイッシュを一握り握って
出会いで降りた。
私は民家が立ち並ぶところからビーグルの鳴き声の
出迎えを受けて川に降りた。
ビーグルは本来ウサギを追う猟犬だが最近はペットと
して飼われているのがほとんどだ。
以前は山で獲物を追う迫力の鳴き響く声を
聞くことが出来たが最近は皆無に等しい。
川幅は10メートルあるかないか。
水量は里川で普段はしれているが10センチ程増水。
サオは5.3メートル、水中糸0,3号、太いなぁ、
昨年は0.15号で釣っていたのに最近はどんどん
サイズアップや。食い気がたっとればなんでもOK。
ゴム張りオモリ4号、ハリ一刀アマゴ王5号、
エサは浅野さんが採ってきてくれたギンパクとクロカワ虫
昨年は出会いから釣ったがこの地区まで来たらイワナが
連発、今日も多分そうなるだろうと振り込む、
ピタッと目印が止まる。きき合わせで竿を立てる
クックッと無駄な抵抗、小さい15センチ、バイバイ
またや、またや、チビばっかし、やっと18センチ
普通ならリリースだがこの先不安でキープ。
橋の下まで来て砂利を足でかき回してエサ採り。
キンパクを数匹採ってエサを変えようとしたら
サオがコントロール出来ない。橋げたに絡んだかと
ひっぱったらグッグっと手ごたえ??
付いている!デカイ!あたふた!取り込み成功。
怖い顔したイワナ
どこに居たのかさっぱりわからず参考にならず。
出会い
二股に分かれた所を右に上がり橋をくぐった所で
電話がなった。途中で鼻を摘まれたと浅野さんが
車で迎えに来た。ちょっと待って魚が走った。
ギンパク、クロカワ反応なし?
お守りのバイオを出して送り込むとツッツッと
違うアタリ、合わせたら綺麗なアマゴ。
おるんやなぁ、本来なら山女だよな、
野乃俣アマゴ
セリを横目に見ながら此処をあがった。
クレソンもあったなぁ。
釣れるけど小さすぎると浅野さん。
一色川に行こうと高速を横切り峠を越した。
水量はしっかりあったがアタリは一度も無し。
まだ早いな連休が済んだ頃かな。
また戻るかと車に飛び乗った。
漁協前の橋から見ると成魚狙いが二人サオを
出していた。誘惑に誘われたが無事に橋を渡った。
渡ってすぐに此処を釣るかと促進住宅を過ぎた
ところに車を停めた。上流には、おはようさんホテル
がある。浅野さんを降ろして高速をくぐった所から開始,
P4210008浅野さん
いきなり釣れてくる。それほど大きくないが十分に骨になりそう。
いいペースで釣り上がったが百メートル進んで禁漁区
車に戻り昼食をとり一息、
四段落としの手洗い
昼からは別荘地が立ち並ぶ所から
ホテルの前まで釣りあがったがとても渓流釣りの河川ではなかった。
空き缶、ペットボトル,生活容器、ホテルの汚水、青ノリべったり。
まぁ、釣れたから良しとするか。
骨酒イワナ
本流は連休明けごろに本格シーズンを迎えそうだ。
3時に川を上がり、やまびこロードを下ってきたが
浅野さんの止まれの掛け声で、タラの芽、コシアブラをゲット。
私にはなんも見えなかった。
 クリックよろしく 

ランキングに参加しています

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。