スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原川 でかいぞ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
土、日は何処まで行っても千円、平日も作って
くれないかな出来たら水曜日。
高速道路5割引きに合わせてクラブ仲間
と家を3時40分に出た。
ひるがのサービスエリアまで運転、あとはお任せで
爆睡した。5時半に神岡町に到着。
まず本流を釣るぞと神岡町二ッ屋まで下った。
二人を吉ヶ原橋下流に降ろした。
落ちるなよと励まして下流に下がった。
市原君はアンテナの立っている駐車場に降ろした。
私はそれより2キロ下流から釣りあがることにした。
着替えを済ませて急な崖を滑り落ちないように
慎重に川まで降りた。
冨山の神通川に友釣りに行くときに横目で見ながら
一度は釣りに来るぞと思っていたところだ。
釣り人も少なくて大物が出ることで有名だ。
この日も他の釣り人は見当たらないので期待大。
水量は平水、水温は温泉の水が入っているのか
それほど冷たくない。
見渡す限り好ポイントの連続や、何処から
手を付けるか迷うくらいだ。
ギンパクを付けて瀬落ちに流すと
目印が止まる小さなアタリが出た。
しつこく何度も流したがダメだった。
何処に居付いているのだと瀬、フチ、チャラ、
一通り全部流しながら上流に釣りあがったが
アタリ無し。焦ったわ。
どこか遠くで聞き覚えのある呼び鈴
携帯忘れたと思ったらズボンの中、
苦労して取り出して出ると市原君。
35センチニジマスと山女

「獲ったよ」「マスだけど30センチは楽にある」
「取り込むのに15分かかった」
マスかぁ、うらやましいとも思わんわ
飛びついてくるわ。
「他に釣れたか?」
「10匹ぐらい釣れた」
「・・・・・」
「がんばれよ」
川通しが出来ずにサオをたたんで崖をよじ登って
対岸に、服は冬物で汗だく。
川の石は大きいので足は上がらない。
川の中はつるつる。釣れればたぶん気にならないが、
釣れないと来ている。この日は異常乾燥注意報
喉はカラカラだが、ここの川の水を飲むのは
ちょっと抵抗ある。水は綺麗だが空き缶、タイヤ
生活器具のゴミには霹靂する。
川は自分の家の庭と思ったら捨てることが
出来ないのにな。
最初に釣れたのは段々瀬の流れがまわっている所。
目印が流れに引きずられていると思ったら釣れていた。
24センチのヒレの綺麗なマス。
走り回って楽しむことができた。
焦りも少し落ち着いた。
次に釣ったのは尾びれが半分の成魚ヤマメ。
アタリは小さい、集中して目印を追う。
落ち込みの開きをゆっくり流す、目印が止まった所で
聞き合わせ。クックッ。今シーズン初めての
25センチオーバーがキラキラと上がってきた。
アマゴと違って顔がキツイ。腹もしっかりでている。
最初に釣れた25センチ山女

このあと2匹追加して午前の部は終了。
市原君はマスに成魚放流を15匹。
マスは35センチあった。
0.15号で獲ったと飯食べている間うるさかった。
電話もみんなにかけまくり。一緒に行ったメンバーに
30センチ以下は逃がして来いと言われていた。
それでも何にも釣れないよりましや
誰と言わないが一匹も釣れなかって
ふてくされて帰ってきた人よりましや。
市原君、ほんとに釣れなかったの?
魚バチャバチャといっぱい跳ねていたのに、
挙句の果て空ビクを覗きこんでいた。
あとで解ったが4日前に放流した場所だった。
食後は何も釣れなかったメンバーは放流場所に放置。
市原君は吉ヶ原橋からは私は神岡鉱業前に移動
船津橋下流

左岸から降りて宝橋から釣り始めたがアタリは出なかった。
この地区はダメかと思ったが3時を回ったころに
突然ライズが始まり、流すたびにアタリが出た。
水温が上がり活性が出てきたみたいだ。
特に大岩の前は連発で釣れた。
山女2匹

エサもイクラ、ギンパク、バイオ、なんでもOK
4時終了前に船津橋の橋下の白波の中に
クロカワ虫で流して20センチサイズを3連発で納竿。
市原君は天然3匹追加で18匹で終了。
ヒレピンヤマメ16匹

私は天然山女18センチから26センチ16匹、
成魚山女5匹、ニジマス2匹
成魚を釣りに入ったメンバーは18匹釣ってきたが
そんな、おぞい魚をよお釣ってきたなと
言われてしょんぼり。
帰りに割石温泉で疲れをいやして帰途。ええ湯やった。

ここ押してぇ ありがと
ランキングに参加しています

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。