スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンの恩返し、アマゴ191匹

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
家のワンちゃん(柴犬)17歳、ボケがあるのか、
体が痛いのか、夜になると鳴きっぱなしで、
寝不足。当分は介護が続きそうだ。
この日も何度か起こされた。
今シーズン一番の早起きで4時に家を出た。
郡上市高鷲町鮎立の切立川の出会いに6時に着いたが天気は曇り空でまだ薄暗かった
着替えを済ましたころにやっと明るくなったので
橋の上から川を覗いた。本流は30センチ高くて
ポイントがつぶされている。午前中は支流の切立川、
午後は本流を攻めることにした。
口元にある堰堤の吹き出しを丁寧に流した。
水流は20センチ高くて条件はいいのにアタリ無し。
入りやすい川だけに攻めきられているみたいだ。
ヘチの小さな流れ、フチ尻、浅い玉砂利を狙って
切立川の天然3匹
腹がデップリの16センチから17.5センチを三匹ゲット。
ところが雪が降り出してあっという間に目印が
見えなくなりギブアップ。まいったなぁ、
あっという間に雪化粧
八幡町の那比川まで戻るかぁ
白くなった道を慎重に車を走らせた。
この雪の中を釣りに来たのは私だけかと思ったら
平家平橋上流のフチでおっさん二人がサオを
振っていた。美濃白鳥まで来たときに電話が鳴った。
車を停めて電話に出るとシーズンを通して
成魚アマゴを追っている近藤朝男さん(63)だった。
先の二人がそうだったみたいで、たまにはこの釣りも
楽しんだらと誘ってくれた。言葉に甘えてと言うより
助け舟だった。ユーターンして左岸から降りたが
その間も、もう一人の人と連ちゃんにサオを曲げていた。
サオ、硬調8メートル、水中糸は以前に使ってサオに
付いていた0,6号通しをそのまま使用した。
エサは右に習えでイクラを使用。
このイクラは山十のイクラを自分なりに加工したものだ。
どうやって作ったか聞きたいかな。
話したいで書くわ、たっぷりの塩をまぶして10分
これを水で洗う、よく水を切って小分け冷凍、
使う分だけカタクリ粉をたっぷり入れてかき混ぜる
コロコロとケースの中で遊ぶくらい、
この日ハリが通らないぐらいカチカチのイクラでも
成魚アマゴだったら問題無しに食ってきた。
ただしハリ先は出すように。
二人同時に釣った
鼻水の跡を付けた優しい父っつあん、今まで
釣れていた所をここで釣れと譲ってくれた。
ありがと、白い石が見える処を釣れと一言。
1匹目は流れのゆるい手前で直ぐに釣れたが
後が続かない。流れるの早いから水中糸を
細くしたらとまた一言。
0.175号に張り替えたら連発で釣れたが
硬調8メートル(サツキマス用に買ったけど
もちろんサツキは釣ったこと無い)
だけに糸切れも多発。見かねた父っつあん
俺は0,2号でやっていると一言。
ハリ掛けして逃げられるのは悔しいと0.3号に
交換したがパタリとアタリが遠のいた。
一言、言われる前にチラリと盗み見、
何か違うと観察すると目印の位置が
1メートルのところに付いていた。
水深は深いところで2メートルぐらい。
わかったわ中層を流しとるんや。
ゴム張りガン玉2号、
ハリがまかつ半スレヒネリ7号、
目印を下げて引きずるように流すと、
アタリが無かったのがウソみたいや
次から次と目印が走る。
切れる心配もないで強引に引き抜いて
魚に網目が付くぐらいタモに飛び込ませる。
ビク半分ほど釣ったらさすがにアタリが止まった。
「あかん釣れん」
キンパクで釣っとる。一言
キンパクに変えたら釣れ出して
昼までにビク満タン。
仕事に来ましたと監視員が来た。
釣果を教えるとびっくり顔の後に安堵の顔。
釣れてよかったと写真を撮っていかれた。
たぶんホームページに乗っている。
拓ちゃんから電話があって、釣れっぱなしと
能書きを垂れた。たぶん仕事せずに飛んで来るぞと
思ったら案の定。拓ちゃん頭の中は爆釣。
何にも見えなくなってガソリンの入っていない
車で来たので途中で立ち往生。アホや。
昼飯は湯を沸かしてカップヌードルにご飯を
放り込んで胃袋に流し込んだ。
寒いだけにうまかった。
父っつあんと近藤さんは切磋琢磨して
この釣りを極めている。
私は二人が一生懸命釣り方を研究したのを盗むだけ。
楽ちんや、
サオを出す3人
拓ちゃんも到着。対岸の岩盤で釣りはじめたけど
滑ってはまらなええけど。
昼からは二人はバイオに交換していた。
サオを絞る近藤さん
切り替えが早いな。近藤さんは上下の誘いで
食い気を出している。父っつあんはキンパクを
泳がせて誘っている。私は40匹程釣って十分満足。
天然アマゴが気になり下流の瀬を釣り下がった。
流れの緩いところで成魚アマゴ、水通しの良い
深みでヒレピンが釣れてきた。
4時までに四人で19センチから29センチの
成魚アマゴ191匹
45匹脂がのっていた
私は成魚アマゴ45匹、
天然5匹
天然アマゴ16センチから19センチ5匹
次の日に近藤さんはまだ残っていると走って行った。
袋に入れて巧妙に隠してあったトラップ
今日の釣果は先週釣りの帰りに罠にかかった
テンを助けた。このテンが釣らせてくれた。


ここ押してぇ ありがと

ランキングに参加しています

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。