スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金メンバーのわがまま

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
25日の朝4時半に目が覚めた。
この雨でも年金メンバーの3人は遅れること無く5時に集まってきた。
行先は行き当たりばったり。雨降りだけに夜が明けるのが遅く、
郡上市大和町を過ぎたあたりでやっと明るくなってきたが
雨は止む気配はなかった。口だけは達者な年寄り達
明るくなってきたら我慢が効かない。
白鳥町を流れる牛道川を横切ったらここで釣ると言い出した。
私は2週間前に釣れずに痛い目にあった川だけに気が進まなかった。
でも、前回と比べたら川の流れが別のものだった。
20センチ高のササ濁りアマゴ釣りには最高の条件。
全員カッパを着こみ配置振り分け。白鳥町為真の国道156号に
かかっている橋から一人、白鳥町中西、白鳥町恩地に
一人ずつ降ろしてから、私は保之木橋まで戻り7時半に釣り開始。
私が最初に入った保之木橋
サオ、5.4メートル、天イト0.6号、水中糸0.2号3メートル、
ハリ、イセアマ2号、ガン玉2号。
橋のすぐ真下が瀬落ち、トロ場が続きエンテイとなる。
見た目には真下の開きが好ポイント、10人が見たら全員がここを
釣りたくなる。美味しいところは後の楽しみとエンテイまで下がり
ヨシの中に立って右岸の水の取り入れ口にめがけて振り込む。
エサは4種類持って来たがササ濁りならミミズ。これをチョン掛け。
反応無し。25センチ増水で川いっぱい流れているが
普段は流れが二つに分かれているみたいだ。
川の真ん中に立ち上流に向かって石ウラを順番に釣りツブして行く。
流れの緩い石ウラでツッツッと初アタリ。
すんなりと上がって来たのは残念ながらウグイ。
「もうウグイが活動しているだ」
再び同じポイントに振り込むと目印が震えて止まった。
またかと合わせると何か引きが違う。抜いてびっくり20センチのヒレピン。
最初に釣れたアマゴ
立て続けにウグイも釣れたが3匹追加。今日は何匹釣れるんやと
細く笑むとパタリと釣れなくなった。後回しにしたところもダメ。
下流に入った釣友も一か所で5匹釣ったけどお手上げ。
強い雨の所為で木くずにゴミ、水温の低下ポイントの変化。
10時まで頑張ったが追加することはできなかった。
撤収と上流の二人を迎えに行くと一人は2匹釣れたがリリース。
昨年から釣りを始めた泉 正春さん(64)は頭をなぜなぜしながら笑い顔。
一息入れてから作戦会議、天気予報は昼ごろには
雨があがると言っていた。もう少しここで頑張ろうと話がまとまり、
早めの昼食をとり濡れた服を着替えてから再び川に降りた。
エンテイの上流でサオだす釣友
昼近くになって濁りも取れてきたら食いも活発になり
ここぞと言うところでアタリが出た。最上流まで上がった泉さんは一か所で
イワナ26センチを頭に12匹釣れたと興奮顔。
私は20センチから15センチのアマゴ18匹。
泉さんと私の釣果
他の二人もこれが同じ川かと思うぐらいアタリが
あったと帰って来た。二人の釣果はイワナとアマゴ合わせて29匹
4時に納竿、午前中は雨に打たれて辛かったが
午後は寒さもなく絶好の釣り日和だった。
帰りの風呂は愉しみの一つになっている。
やまと温泉やすらぎ館で筋肉をほぐして帰ってきました。


ここ押してぇ ありがと

ランキングに参加しています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。