スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニジマス?あまご?イワナ?

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
17日の朝、津保川にキンパクを獲りに行くと
ササ濁りの25センチ増水。
この時期にこの水量はめったにない。明日は津保川に決定。
翌朝7時に家を出る。鑑札は事前に
関市の古田釣具店で年券を購入。
午前中は本流、午後は小那比川を攻めようと
思いながら車を走らせた。
懐かしい里川が続く
8時少し前に上之保小樽に着いた。
着替えをしてから下流の古場まで歩いた。
この地区は何度も来ているがこのエリアは
初めての入川となる。
川に降りるとエンテイのバックウオーターの瀬落ちの淵。
イワナの居たフチ
夏になれば子供たちの絶好の遊び場になりそうな渓相。
左岸は流れが逆になるから静かに右岸に渡り仕掛けをセット。
竿5.4メートル、水中糸0.2号を3メートル、
ハリ極2号、ゴム張りガン玉4号。
エサはこの川で今年異常発生しているキンパク。
子供たちが飛び込みそうな深いポイントを流したが反応無し。
滑り落ちそうな岩によじり上がりネコヤナギの
スレスレに入れたが軽いオモリと水流に押し流されて
岩盤のぶつかりまで一気に流された。
そのとき!ゆらりと黒い魚体が浮き上がってきた。
シャレじゃないけど「ギョ!」
一瞬に咥えて頭を振った。すかさず合わせたが痛恨のバレ。
ハリが小さくてすっぽ抜けた感じだった。
ダメージが少なかったから、また食うと
新しいエサにつけ直して振り込む。
三度目に再び浮き上がってきた。
慌てるなと言い聞かせて送り込む。
もう大丈夫と岩から降りて砂場まで寄せると、
ニジマス?あまご?イワナ?
あっ、バレタた。ゆっくりと元の場所の方に逃げ込んだ。
痩せていたが30センチは楽にあった。
しかし、なんやったやろ?イワナみたいだったけど
この川で姿を見たことないし。
再びミミズ、イクラ、バイオと変えたが駄目だった。
ここから約1キロ釣り上がって2匹、ギリギリサイズをキープ。
奥山キャンプ
車に戻って一息入れていると鵜が目の前をチラッと
一瞥して通り過ぎて行った。
シラハエ
この地区で釣ったがシラハエとムツは釣れるたが
アマゴは出なかった。
道祖神
馬渡り橋の道祖神
この街道は村人の守り神、子孫繁栄、
道しるべ旅人を守る道祖神が数多くみられる
いつも釣りに行く上流に移動。
行合から平岩まで1時まで釣り上がり4匹追加して昼食。
あまご19.7センチ
午後からは小那比川に向かった。
しかしこの何年かバイパス工事の影響か
川は砂利で埋まっていた。
それでも何箇所か竿を出したがアタリはなかった。
タイ焼き
でもタイが釣れた。
峠を越して長良川に行くか迷ったが朝バラした魚がどうしても
気になり戻ることに決めた。
バラした魚は一番最後にと河合車庫前から
釣り上がったがシラハエが沢山。アマゴは一匹。
時間は4時。静かに対岸に渡り、

よく目立つようにバイオを付けて
流し込んだ。出た!白いエサが見え隠れしている。
完全に消えるまで
待ってから軽く合わせた。よし、乗った。バレた。がっくり。
あの手この手とやったがダメでした。
間違いなしに、この淵には一匹居るけど今年の津保川は
数が少ない気がする。今日も三百メートルに一匹と言う感じで
アマゴ6匹
15センチから19.7センチを6匹でした。
帰りに富之保に住む釣友に電話入れて今日の話をすると
この何年かはイワナは見たことがないから、
たぶん産業祭のときに生きたイワナを販売してたから、
それを食べずに放流した魚だと思うと返事。
これを聞いてやっと納得して家路につきました。
ありがとう看板

コメントありがとうございました
やはりイワナだったんだ
35センチは大きいですね
釣友が他の場所でも確認したそうです
釣り人に夢をあたえてくれてありがとう


ここ押してぇ ありがと

ランキングに参加しています

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。