スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡、岐阜700キ走しってイワナ6匹 もうすぐ渓流釣り 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ5月19日の夜10時に美濃加茂を季節はずれの台風情報を気にしながら倶楽部仲間二人と、静岡県清水区に流れる興津川に向かった。
先発隊、4人はこの日の朝既に出発しており、18センチクラスが見えるよと、私の胸をときめかせる電話があった。
2時半にささぶろオトリ店に到着。
鑑札は夜が明けてから出直してこいよと親父さんに追い返された。
もうこの時点で嫌な予感。
お疲れ様の祝杯を挙げて爆睡と言いたいが屋根に叩きつける雨の音がきになって何度か目が覚めた。
夜が明けて川を見ると濁流になっていた。
明日まで待つか迷ったがこの水だと翌日の昼からでないと無理と判断して帰ることにした。
先発隊はオトリ、鑑札を購入しているのでもう少し様子を見ると残ったが土砂降りの中で着替えを済ませて高速料金の早朝割引きに間に合うように後に続いてきた。
岐阜に戻ってみんな集まってイノシシのスペアリブでバーベキュー。
楽しい思い出が出来たと笑顔が絶えなかった。
丁度、釣友からビニールハウスのイチゴを解放したと電話があり、みんなでこぞって出かけていちご狩り。
いいお土産が出来たとまた笑顔。
12時にみんなと会散。
私は空になった大型クーラーにイチゴを閉じ込めて郡上方面に車を走らせた。
郡上で鑑札を購入。
北濃から314号に入り桧峠を越えてキャッチ&リリースの峠川を左手に石徹白川に向かった。
突き当りの127号を右に曲がり川を渡った所で下流に向かい、いなか暮らし、の別荘を過ぎた所に車を停めて三時から釣り開始。
仕掛けはサオ6メートル、天糸0,4号、水中糸0、2号3メートル、ゴム張りガン玉1号~3号、ハリカッパ極5号。
ミミズをチョンガケで聞き合わせで流すとツンとアタリがあって餌をとられた。
再びミミズを付けて流したが反応がない。
別荘前のトロ
こんな良いポイントに居ないわけないと、下の瀬に行って川虫を採集。
動く虫なら何でも良いと採れたての腹の赤い虫を付けて流すとすぐに反応があり16センチのイワナが飛んできた。続いてリリースサイズ。
20センチサイズがもう一匹このポイントで釣れた。
このポイントから上流に向かって釣り歩いて別荘前のトロ場のヘチで目印が倒れこむアタリが有り、強い引きに慎重にやり取りして28センチをすくい獲って少し満足。
イトシロ28センチイワナ
上の瀬は20cmほど増水の影響か一度もアタリがなかった。車を停めた所まで戻り下流のガンガン瀬に降りて対岸の小さな出会いの水の回るところに振り込む
とビリビリと目印が震え出した。
一呼吸おいて合わせると動かない。
根がかりかとあおるとクックと引き込む、食いついとる!
対岸からこちらに寄せようとしたが動かない、今シーズン一番の引きだ。
ガンガン瀬を下流に走られたらひとたまりもない。
サオを上流に倒して泳がせてこちらに寄せる。
デカイ!30センチは楽にある。
タモで獲ろうとしたが届かないので引きずりあげて小さな水たまりに入れて一安心。
写真を撮ろうとカメラを出したときに一跳ねして糸が切れた。
まだ大丈夫とたかを食ったら、もう一跳ねして私の股をくぐった。
慌てて足を閉じたが時すでに遅し。
近くの石の下にもぐって居ないかと袖を濡らして探ったが居なかった。
悔しさでいっぺんに汗が噴き出してきた。
イトシロ 30オーバー釣れた瀬
六時半まで竿を振って三匹追加したが尺オーバーは出なかった。
泊まる予定で来たが、一人ではあまりにも寂しすぎて家に向かって帰宅した。
静岡、岐阜と約700キロ走ってイワナ六匹。
イトシロ いわな6匹
開いた口がふさがらない。
この川はまだ雪解け水が入るので良い条件さえ揃えば尺オーバーもこれから出ると思う。

ここ押してぇ ありがと

ランキングに参加しています

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。