スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水温が低いとダメや

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
トーナメントシーズン突入、
以前は私も何とも言えない緊張感が好きで走り回っていた
マスターズ会場避けて名皿部橋上流の陸橋上に6時半に着いた
倶楽部のマドンナが着替える間は外で待機。
なんとか釣らせたい、何処からスタートさせるか川を読む。
二人して川に降りてハミ跡を探したが見当たらない。
止めようか迷ったがせっかく降りたから少しだけやって
釣れなかったら場所代わりと彼女が提案。OK、
彼女は陸橋のすぐ上の瀬に入れた。
私は上流に探り釣りしたが我慢ができない。
何とか2匹釣って車に戻った。
小さいが香りは最高!
倶楽部仲間から電話が鳴りっぱなしで釣果の確認。
釣れないときは何処の河川でもダメみたいや。
遠くにある山にまだ雪が残っているのが見える。
低水温ではなんともならない。
解禁から絶好調の白鳥に向かった。
白鳥
中川原橋上流のエンテイを覗いた。
二人とも一気にハイテンション、
千匹近い群れ鮎を発見、
エンテイを渡り、ヨシ裏に身を隠してマドンナの仕掛けをセット
ここは二人は無理と対岸の石裏に向かった。
別れるときにもう少し説明すれば良かったが遅かった。
ヨシの前に出てサオを振っている。
座れと合図したが意味わからずに群れ鮎を追いかけて
深みに追ってしまった。
群れ鮎が掛けれるチャンスは浅場出たとき。
深場に入ると浮き上がって掛かるチャンスはほとんど無い。
追いかける気持ちは解らないでもないが・・・・。
ここは任せてエンテイ下の瀬に期待を込めて立った。
出したと同時に一発で掛かったが後が続かない。
ここで4匹追加してトンちゃん食べに来いと誘いのあった、
大和のトーナメント会場に向かった。
途中、鶏ちゃんを買って倶楽部のトーナメンターと合流した。
加藤君はうちの倶楽部で初めてに名人位を獲得した。
もちろん今日は下見に来ている。
ようも、たくさんの人が来ているわ!
京都からきてる人は奥さんと、ワンチャン同伴だった。
地元はまだ解禁してないからこっちにきたきたましたと
奥さん、京都は友つりレベルの高いところだ。
人気では村田満だが実力では
名人,野間清、今も元気かな
のんびり昼食を済ませて午後の部を開始。
迷うこと無しに下流のガンガン瀬に向かう。
食いついたら離さないレイボー7.25号、
オモリチェンジャー
omori
マルチ背バリに0.8号のゴム張りオモリ。
見てる限りでは誰もサオを出していない。
手尻いっぱいにセットして白波の中に放り込む。
ガッガ、やっぱり一発で掛かった。
朝から触ってない所に地合いが重なった。
怒涛の11連発!型が小さいのでトラブルも無し。
満足、満足、
ますたー会場
対岸を歩いてた同年輩のおっさん、思いっきりコケた。
しばらく起きれない。可哀想に。
歩きやすいと石の上を歩くとこける。
歩きにくいが石の隙間を歩くと良い。
それと、満さん歩き、がりまたで中腰。
短い時間だったが十分に楽しむことが出来た。
ma.jpg
マドンナは釣友の口車にのって橋の下まで行ったが
散歩で終わった。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。