スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎の名人、都会の名人

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
渓流今シーズン最後の釣りになった。
編み付け機カウンター音が出る
今シーズンは楽しい釣りが続いた。
沢山釣れれば名人かな、たまたま前日に良く雨が降り
好条件が続いた。
田舎の名人、いつでも目の前が釣り場だから釣れる条件の
良い日しか行かない。
当然釣り方も仕掛けもワンパターンでOK。
それと暇のある人間にはかなわない。
毎日行ける人は、他の釣り人が読める。
前日に釣り人が釣って居なかったら当然翌日に
釣れる可能性が高い。こんな名人は他の河川に行くと面食らって
たいがい一ケタで終わる可能性が高い。
それを本人が気づいていないから性質が悪い。
もっと最悪はマスコミ関係だ、名人に仕立て上げようと
自分の知らない釣り方をすると驚愕したとか、はやし立てる。
たとえば谷でチョウチン釣りしか釣らない釣り人が
本流釣りの竿先行で引きずったのを見たら
ビックリかもしれないが本流釣りする人なら当たり前のように
やっていることだ。田舎の名人は郡上の職業師でもう終わった。
都会の名人、休みは限られていていつでも行けない。
旅費もかかるしエサも自分で獲れないからバカにならない。
行く以上はお土産を持ち帰りたい。雑誌を読みあさり、
釣友の話を聞いて知識を頭いっぱいに詰めて出かける。
釣れないならあの手この手で攻める。
結果、それなりに答えを出して帰って来る。
私も長年渓流釣りをしているがアマゴ、山女、岩魚間違いなく
卑しい魚で、24時間食べることしか考えていない。
釣れて当たり前と書くとまた何か言われそう。
水槽
ちょっと前にクーラー付きの水槽を店に置いた。
アマゴの稚魚を40匹千円で買ってきて毎日見ているけど
退屈しないわ、食べる所を見ていると勉強になる。
意地も悪いし、縄張りも持っている。石の裏に隠れて出てこない
のも居るし、いつもいじめられるのも居る。
良く解ったのが生まれ持ったDNAだ。
最初は金魚のエサをやったが、食べないことはないが
吐き出す方が多い。なにで判断するのだろうか?
びっくりしたのは冷凍赤虫、入れたと同時にパニック状態で
食い漁った。もっと凄いのがイクラだ。口からはみ出ても
食いついてくる。爆ぜたら、もう大変、水槽の中を走り回る。
イクラを撒いて寄せると聞いたことがあるがこれで良く解った。
たまたまプラスチックのかけらが落ちた。
一度は全部の魚が咥えるが、そのあとは見向きもしない。
これはハリの感触があったら吐き出すのとつながるような気が
する。もうすぐ鮎も来る。またまた勉強になりそうや!
ワンちゃんも来た。18年飼った芝犬が昨年死んじゃって
もう飼わないつもりでいたが縁があってまた柴犬を買うことに
なった。
今度は女の子で朝から晩まで食べることしか考えてない。
後ろ姿
後ろ姿の歩く格好がプリプリして可愛いわ。
アラ得意のポーズ
お気に入りが火鉢の上、みんなになぜなぜしてもらっている。
高校生に写メ撮らてスター芝や、
足伸ばして休憩
名前は奥さまが付けた、嵐、私はアラと呼んでいる。
男の子だったら、ほっといてもええけどな
心配で今、新居を一生懸命作っている最中や。
でかすぎるとみんなは笑っている。
でもいずれは子供も産ませたいし・・・。
話それたな、
今日は矢作の解禁に行きたかったが、あまり信用は
出来ないが情況が芳しくない情報が新聞に載っていた。
昨年、低水温でまったくダメとスポーツ紙に載っていたが
解禁からバンバン釣れていた。
話を聞けば地元のおっさん達が本来なら解禁が遅くて
大きくなってから釣っていたのが、ちょっとやってみるべぇと
古い仕掛けで、(水中糸0.8号、ハリ8号、オモリ3号)
これでは釣れても後が続かんわな、
それを鵜呑みにして釣れていないと載せてしまった。
私も出遅れたがその後2回釣行して結構楽しんだ。
連休は休まず仕事をして2週間ぶりの釣行
今年は天然物はまだ見たいだが放流物がかかっているみたいだ。
そんなわけで今回で5回目の高原川にむかった。
三時に家を出発、目指すは高原川本流、
高速を使い5時半に神岡に着いたが赤濁りでショック。
それならばと下流に下がり以前から気になっていた
ソンボ谷に向かった。入口が解らず行ったり来たりして
やっと見つけてあがると車が一台止まっていた。
中をのぞけば明らかに釣り人、上流に上がろうとしたら
しっかりとバリケードのカギがかかっていた。
歩いてはちょっと無理、出直していつか挑戦してみたい。
宮川に行ったがここも増水でペケ。
二人はどこでもええから竿を出すぞとせかすので
以前に釣ったが小さいのしか釣れなかった跡津川に
向かった。入口で着替えていると監視員のおっさんが
軽トラで横着け。鑑札を確認、倍づけはゴメン。
しかし7時に見回っている。仕事前の一仕事かな。
入口からタクちゃん、私、リハビリの浅野のとっつあん。
振り分けて釣り開始。竿6.1、水中糸0.5号、
ハリス0.4号、ゴム張りガン玉3~3B号、ハリ7号
水槽の動きを見ているとハリはもう少し大きくても
ええかもしれん。
跡津川
跡津川落ち込み
期待を込めずに釣りあがって行ったが18~21センチが
ぼちぼちと釣れて来る。良く肥えてうまそうだ。
ハリはサツキマス用でデカイ
10時で1ラウンド終了、タクちゃんニジマス混じりで11匹、
私、9匹、とっつあん3匹に山ブキ沢山、
何回言ってもイクラのエサでやっとる。
ここを出て私のわがままで蔵柱に向かった。
増水と風に強い川だ。
今回、高原川の出会いから釣りたくて走ってきた。
口元にタクととっつあん、私は上流に一人向かった。
口元からは絶壁が続き途中からは降りれないしよじ登ることも
出来ない、一度リュックを背負って釣りあがってみたい。
場違いな所に咲いていたチューリップ
三差路に車を停めて強引に川に降りた。
増水で石の上の草が水没している。これは釣れるぞ!
普段はチョロチョロの感じや、瀬に出ているかな?
幅広21センチ
探ったが反応無し、ポイントは解った。フチトロや
一つのポイントで何匹捕れるかが勝負や。
糸が切れる心配はない食ったら一気に抜きあげる。
この釣り方が正解だった。23センチが頭に26匹をゲット。
この日の釣果
タクちゃんは28匹とミミズ2匹、クーラーの中で泳いでいた。
とっちゃん、つ抜けで10匹。腰の手術後だけによう頑張った。
次回は鮎釣りに行くか微妙な雰囲気になってきた。

速報5月16日矢作川 
坂井24匹 中島14匹 坪内14匹

 クリックよろしく 
スポンサーサイト

内ヶ谷で釣れたら教えてくれ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
今年の帽子
昨年、内ヶ谷の千谷で一度に二匹釣れた離れ技をやった。
新聞記事に載せたせいか、イマイチのを釣果。
ただ、昨年ここで罠に掛っていたテンを助けたが
あいさつに来たのには浅野とっつあんと顔を見合わせて
ビックリこいた。
2時間ほど釣って二人で40匹に届かず。
それも20センチ以下ばかり、食べてはおいしいけど。
本流に移動して竿を振ったが同じサイズばかり。
アマゴ内ヶ谷
ここ何年かは25センチオーバーを釣ったと言う話は
聞いたことが無い。私の知らない所で釣っているかもしれないが
せめて一日釣ったら10匹に一匹位は混じって初めて釣れると
言えるんやないだろうか。
唐揚げサイズが釣りたかったら内ヶ谷へどうぞ。
帰りに大和インターの前で逃げたニジマスを発見して
二人で楽しんだ。
翌週の4月の28日の朝、と言うより夜中の1時半に家を出た
今日のメンバーは春日井に住む戸巻節男さんと市岡さん
戸巻さんは74歳だがバリバリの現役の渓流釣り師、
市岡さんは41歳、今風のイデ達で釣りスタイルは決まっていた。
行きの運転は市岡さんに甘えることにした。
行先は高原川の支流、蒲田川この河川は今は全国区になったが
何年か前に戸巻さんにここを教えてもらったが
川に立つだけでワクワクした。
最近は太い糸にミミズで釣りをしているがこれは戸巻さんスタイル。
大ベテランの言うことを素直に聞き入れたのが大正解だった。
特に今年は水量が多かっただけに好結果だった。
この日も戸巻さんがパルプで育てたミミズをエサ箱に入れた。
この川に5度目の挑戦だが今回は今まで一度も釣っていない所を
釣りたいと言ったらヘリポートのあるところまで運んでくれた。
この橋の近辺はたぶん成魚が放流してある。
これを避けて旅館街が過ぎた所で降ろしてもらった。
もし天然が釣れなかったら下がって旅館街を釣ればよいと
思って川に降りた。朝に雨はあがると言っていたが
まだ止む気配は無いしガスも出てきた。
私達が住んでいる所ではこのような朝は迎えることはない。
川に立ち、いつものように水量、足跡、上流の景色を見渡した。
右岸の方が攻めやすいと川を渡った。
足跡があったが前日かその前、多くない。
水はササ濁りで、まだ動いている
竿6.1.水中糸0.5号、ハリス0.4号、ヒネリハンスレ7号
ゴム張りガン玉????無いがや、しまった。補充して忘れた。
あれ、カメラも忘れた。ジジイや。情けない。
ゴム張りガン玉は、B~4Bと1~5号を分けて
持ってきているのでB~4Bで釣ることにした。
分けていて良かった。
ミミズのエサ、ふんどしのチョンガケで釣りあがったが
反応がない。朝一の一番食わなアカン時にどうなっとるンや。
水温か、それとも旅館の近くだけに釣り荒れか、戻るべきか
迷ったが一段上の所に理想なトロ場が見えた。
あそこまで行って釣れなかったら下がることにした。
一時間過ぎた所でやっとツンのアタリ、ハリにのらずエサだけ
ちぎられた。これを境にエサだけ頻繁に獲られるようになった。
この状況を打開せなアカンとエサのミミズを縫いざしして
尻尾の方を切った。これが正解だったのか、
たまたま地合いになったのか解らないが18センチのイワナが
釣れた。痩せていて苦笑いのリリース。時間は8時で日差しも
出てきた。水も濁りが取れてきた。
トロ場に着いて期待を込めて打ちこむと綺麗なアタリでタモに
22センチが納まった。このトロ場を丁寧に探ったがこの一匹で
終わり。先週はこのようなポイントで必ず何匹か釣れたのに??
もう、瀬にでているのかな、頭の中を瀬の釣りに切り替えて上に
進んだ。やった、釣れた、こうなれば楽や、小さなポイントを
見逃さないように釣り潰して行く。ビクはどんどん重くなる。
ゴム張りガン玉が大きいので的確にポイントに送り込める。
大きなフチにに着き、石裏を目がけて振り込むと竿先が
ガンガンと震えた。この日一番強い引きだ走らないから
たぶん岩魚や、思ったとたんにバレてしまった。
岩魚なまた俣釣れると流すと5回目に29センチが食ってきた。
この話を戸巻さんに話すと以前に岩魚の尺オーバーを釣って
やっぱりバラした。落ちた所が砂地で再び釣れたら体に砂を
付けてあがって来たから間違いないと笑わしてくれた。
ああ、時間が足らない、10時に道に上がる約束、後ろ髪を
引かれながらあがった、途中に管が走っていたので触ったら
熱かった。やっぱ温泉地帯や。この湯で魚が大きくなるんや、
違うわ、川虫が育つんや。雨で濡れた服を乾かしたかったなぁ。
急坂を登り山水で渇いた喉をうるおして道を下っていった。
10分程待って戸巻さんと合流、第一声が、竿が折れた!
名前入りの一番お気に入りの竿みたいやった。
釣った場所はめがね橋の下流で6匹目に大きいのが釣れて
抜こうとしたら折れた見たいや、あそこの場所は川まで
遠いから大変だったみたいでヘリポートまであがってきて
橋の下で成魚まじりで13連発したみたい。
そのあとを市岡さんが入り釣って居るみたいで迎えに行った。
私は鮎釣りの流れでウエアを着ているが市岡さんの
釣りスタイルは今風のカッコ良さがただよっていた。
市岡君の渓流スタイル
そのカッコよさにメスの猿に追われて逃げるときに
竿先が折れたと嘆いていた。
釣果も川が読み切れずにイマイチだった。
最高の天気アルプスも綺麗に見えた
雨も上がりこの橋からの山の眺めは絶景で車を停めては
写真を撮る観光客が多数いた。
軽く食事をとり、下流に下がった。
続きをやりたかったが下流も捨てがたい。
二時あがりを決めて神坂ダム下流から入った。
この地区は大物が出ると戸巻さん。
期待を込めて竿を降り続けたがウグイの連発で閉口。
それでもダムまでは行かなきゃとあがって行った。
釣れるならここしかない、ダム百メートル下流対岸が
壁、瀬落ちの深トロ、ゴム張りガン玉3Bに付け替えて
対岸の壁スレスレを流す。一発で引きこむ今までと違う引きだ!
下流に一気に走る。タメて向きを変える。一度は浮いたが再び
潜られ走る。泳がせてタモに引きこんだ。デカイけど尺は無い。
アマゴと違ってパワーはやっぱり凄い。続いて落ち込みで同サイズの
イワナをゲット。カメラがあたら良い写真が獲れたのに。
車に戻ると戸巻さんは昼寝、
口いっぱいにおにぎり
晴れ渡った天気の下でおにぎりを五個を一気食い。
戸巻さんあきれ顔。
市岡君が釣った天然山女
市岡さんも満足顔であがってきた。全部で14匹とにっこり。
戸巻さん18匹。私、朝35匹、昼から3匹、この差はなんなんや。
いずれも尺に届かず
この日の釣果
時間はたっぷりある。
平湯で温泉に浸かり、お土産はクマザサのタケノコを買った。
帰りに道の駅めぐりでヤサイ、山菜をゲットして7時に家に着いた。




 クリックよろしく 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。